➤➤吉田町SA様より



 

Q1.ご依頼に至るまでの経緯・理由について、お聞かせください。

障害者になっても社会福祉や、障害者年金など何回も申請しましたが受け入れてもらえませんでした。
申請するたびに費用などもかなりかかりました。もう諦めていましたが、色々な方法で先生の所へ たどりつきました

Q2.ご依頼から請求完了、結果判明までの流れ、結果は満足いくものでしたか?

先生から「だいじょうぶ」と言う言葉で安心しました

Q3.ご自身で請求されたと仮定して、どんな点に違いがあると感じましたか?

役所からだめと言われればもうなにもできませんが、プロの先生ならいろいろな方法でできると思いました。

 

本ケースを振り返って

ご自身で2回請求をされ、2回とも不支給決定を受けた段階で、ご相談を頂きました。

2回の請求内容を確認するため、年金事務所より控えを取り寄せ、不支給理由を分析しました。

不支給理由は、「初診日が証明できていないこと」でしたが、仮に、しっかり証明することができたとしても、納付要件を満たしていませんでした。

糖尿病による腎機能の悪化で人工透析を導入している方でした。

確かに、人工透析は2級以上に必ずなりますが、本ケースでは、どんなに費用と時間を費やしても受給できないことを説明しました。

ただ、身体が思うように動かないご様子だったので、そのことを聞いてみると、「〇〇病院に入院している時に、突然身体が動かなくなった。医師からは原因は不明と言われ、今は、病院にも通っていない」とのことでした。

通常、糖尿病によって、壊疽をおこすことはあっても、身体が動かなくなることはないため、別の病気がある可能性があると考えました。

〇〇病院入院中であれば納付要件を満たしていることを確認できたので、そこを初診日として請求する方針をたてました。

病院に問い合わせると、「原因不明のため、受診状況等証明書の記入はできない」との回答だったため、カルテ開示を行い、初診日を特定しました。

結果として、認定日請求まで行うことができ、5年分の遡及も実現することができました。

ご本人やご家族に多くのご協力もして頂きました。

やはり「障害年金が欲しい」という諦めない心は大切だなと強く感じました。


障害年金のお問い合わせはこちらへ ⇒ お問い合わせ(障害年金)

※個人情報保護のため、下記SSL導入サイトに問い合わせフォームを設置してございます。
(SSLのない環境下での個人情報送信は危険性が高まります。)