静岡市は、毎年12月の初めに、市をあげての防災訓練を行いますね。

今年は、組長として参加してきました。

私達の班は、AEDの練習を最後に消防団の方たちが模範を見せて、市民が実践を行いました。

以前、AEDの講習を受けたことがあるので、使い方を覚えていましたが、以前(10年前)とは違う方向で救護を進めていく時代となっていてびっくり。

以前と違う点が何点かあったので、この機会に載せますね。(みなさん知っていると思いますが)

まず、安全確保し、呼吸が停止しているか。AEDと119番してと指示を出すことは変わらないのですが、

以前は、人工呼吸を行い、心臓マッサージを行うとあり、その練習も行っていたのですが、

①人工呼吸は行わなくて、とにかく心臓マッサージを行う。

②AED機械を開けるとすぐに電源が入り、パッドをつける位置までもが、パッドの表面に絵がかいてあり、

③装着すると心電図を勝手に計測し、電気ショックが必要な方かを教えてくれる

ということになっていました。(+o+)

人工呼吸は感染症の問題があり、今の時代は行わない方向みたいです。

常に新しい情報を取り入れていかないとダメだ。。

そう心に刻んだ日でした。